枝豆のルーツは?

今のファーストフード!

エダマメ

みなさま枝豆の語源をご存知ですか。

江戸時代、夏になると枝豆は枝付きで茹(ゆ)でて売られていた様で、
そのままの状態で食べ歩いていた事から、枝付き豆がしだいに枝豆と
呼ばれる様になったとされております。

これがファストフードの魁(さきがけ)だったかも知れません。

枝豆は大豆の未熟豆の事を指し、タンパク質・ビタミンB1/B2・カルシウム・食物繊維・鉄分等が多く含まれ、穀類と野菜の栄養素が共に豊かな緑黄色野菜です。

又、2-アセチル-1-ピロリンという成分物質が含まれる事により独特の香りを持ち、甘み旨み共に優れた野菜です。

低農薬栽培を実現

防虫ネット栽培


  • 防虫ネットを採用した栽培法

枝付きでお届け

枝付き枝豆


  • 茶豆特有の芳香と強い甘みを持った 「晩酌茶豆」を皆様にお届け致します。

  • ご購入後、お手軽に枝付きのまま茹でて食べる事が出来ます。

鮮 度 が 命

  • 収穫・脱莢(だつさや)後生のまま置くと、24時間で甘み・旨みは半減します。

  • 美味しく食べるには・・・
    収穫して出来るだけ早く食べるか、低温保存により糖分消費を軽減させ、出来るだけ早く調理する必要があります。



枝豆の栽培の様子はここをクリック


※ 枝豆は、現在ネットでの販売は取扱っておりません。